FC2ブログ
  • 11 «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • » 01
フランス・セパポシーブル!
フランス人もびっくり。嘘の様なホントの「C'est pas possible(あり得ない)」フランス生活。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
CATEGORY : 映画レビュー
TVドラマとしてなら最高・・・?映画「Renoir(ルノワール)」
DATE : 2013-02-14-Thu  Trackback 0  Comment 0
フランスの印象派の巨匠、Pierre-Auguste Renoir (ピエール=オーギュスト・ルノワール)の晩年とルノワール家の様子を描いた映画「Renoir」

renoir.jpg

1915年、コート・ダジュール。 妻に先立たれ、老いによる身体中の痛みに耐えながら晩年期を迎えていたPierre-Auguste Renoir。
妻が先立つ前に雇ったという、ルノワールの製作活動そのに大きな影響を与えた Andrée(アンドレ)が絵のモデルとしてやってきて、ルノワール一家の風景が変わり始める・・・。



コートダジュールの美しい自然の描写はとても美しく、ルノワールの絵をそのまま見ているような感じで構成されています。

ただし、一緒に観に行った友人とも話していたのですが(映画批評家の間でも同じ意見が多かったようだけど)、

「TVドラマとしてなら上出来だよね〜」


が、個人的な感想。(あくまで個人的な感想です)

絵が好きな友人と私はもっとルノワールの生き様についてとか、絵の制作方法についてとかをもっと掘り下げていてくれる事を何気に期待していた訳で。

そういうのが一切なく!

案の定、息子ジョンとアンドレが予想されるべく恋に落ちて、

「僕は戦場に戻る!」

「戻るなんて信じられない!ぷんぷん」

という王道のシナリオで、アンドレの奔放さがクローズアップされてまとまっている・・・

そんな感じでしょうか。苦笑

やり方によってはもっと良い物になっただろうという期待があるだけに、残念でした。

映像描写は確かに綺麗だったので、それを期待している人にはお勧めしますが、私の様な期待をしている人には・・どうかな?

是非皆さんの目で確かめてみてくださいね。

日本での上映公開予定は2013年の秋頃だそうです。


↓クリックのご協力をして頂けると嬉しいです!
にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ

br_decobanner_20100216020405.gif

関連記事
page top

コメント

管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック
TB*URL
Copyright © 2005-2019 フランス・セパポシーブル!. all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。