• 06 «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • » 08
フランス・セパポシーブル!
フランス人もびっくり。嘘の様なホントの「C'est pas possible(あり得ない)」フランス生活。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
CATEGORY : アート&文化
オペラ Falstaff(ファルスタッフ) を観劇
DATE : 2014-06-01-Sun  Trackback 0  Comment 0
最近親しくなった女性がトゥールのオペラ座に出演するという事で、
せっかくなので観に行きました!

演目はFalstaff (ファルスタッフ)
-『ファルスタッフ』(Falstaff)は、ジュゼッペ・ヴェルディ作曲、アッリーゴ・ボーイト改訂による3幕のオペラ(コメディア・リリカ)作品。原作はウィリアム・シェイクスピアの喜劇『ウィンザーの陽気な女房たち』。-wikipediaより。

ただ、トゥールのオペラ座はほとんどの席がシーズンの始めにほぼ予約が完了してしまう、
という事で、公演の一ヶ月前でもほとんど席は残っておらず、あんまり良い席は取れませんでした。

こちら、公演直前の様子。もう満席ですよー!
falstaff1.jpg


席はバルコンでしたが3列目のため、問題は上部に表示される字幕が微妙に見えない!

オペラはどの席を取るかはとっても大事だという事を実感。
ちょっと料金高くても、今後自分で席をとるときは良い席を取りに行こうと誓いました。

全てイタリア語での公演でしたので、フランス語での字幕が見えないとあんまり内容はわかりませんでしたが、
それでも、歌手の方達はとても素晴らしく、それなりに楽しめました♪
falstaff.jpg

あと、1つ残念だったのは、約2時間半の公演のうち、友人の出演が最後の約20分ほどしか
無かったという事・・・
友人も「こんなに歌う時間が少なかった出演は初めてよ・・・待っている間退屈だったわ〜。 と。

でも今回の件で更にオペラ観劇に行きたいなあと思いつつ、将来的には字幕無しで観劇する為に
イタリア語も習得したいなあ。


↓↓記事を楽しく読んで頂けましたら、
クリックの応援をして頂けると嬉しいです!
にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ

br_decobanner_20100216020405.gif




関連記事
page top

コメント

管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック
TB*URL
Copyright © 2005-2019 フランス・セパポシーブル!. all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。