FC2ブログ
  • 11 «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • » 01
フランス・セパポシーブル!
フランス人もびっくり。嘘の様なホントの「C'est pas possible(あり得ない)」フランス生活。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
CATEGORY : アート&文化
絞り染めのワークショップ
DATE : 2012-11-12-Mon  Trackback 0  Comment 0
2年前にJeune Chambre Economique de Tours(トゥール青年商工会議所)が
大阪で行われた世界青年商工会議所の国際展示会での資料作成の
お手伝いをしたご縁から、
今回、大阪の青年商工会議所のメンバーで着物の修復や絞り染めなどを
されていらっしゃる益田治子さんのワークショップをトゥールで
開催するとの事で行ってきました。

まずは治子さんによる着物や絞り染めの歴史などの紹介。
_DSC0169.jpg

染料となる植物など。漢方に使われているものや料理に使われているものなどもあるとの事。
_DSC0164.jpg


鍋でぐつぐつと煮出します。
_DSC0163.jpg

真っ白な絹の布をお湯の中に入れ、その中にアルミニウムなどを混ぜて染料を定着するのに
使うとの事。
_DSC0173.jpg

染めるのは薄い色から。
_DSC0176.jpg

皆さん、真剣です・・。
_DSC0182.jpg

同じ布、同じ染料を使っても、洗濯バサミや縄やゴムなどでどのように
布を縛るかで、その後の染まり方がかなり変わり、人それぞれ個性が出て来ます。
_DSC0181.jpg

おお、なんか動物みたいじゃない? おじさんもはしゃいでいます。
_DSC0185.jpg

参加者はストリートパフォーマンスをしていてボディペインティングなどを
するので興味があったという方、衣装の勉強をしているという学生さん、
日本語に興味があるという男の子、
その他青年商工会議所の起業家達が参加し、和気あいあいな雰囲気の中
皆さん熱心に治子さんに質問されてとても良い文化交流&ワークショップと
なったのでした。

こういう文化は日本人の私たちでもなかなか触れる事ができませんし、
着物の見た目の派手さだけではなく、柄の歴史や制作の文化なども
海外に広めていくのも非常に面白いと思いました。

丁度今週末に日本に一時帰国するので、できれば治子さんの大阪の
アトリエにもお邪魔しようと思っています!


↓クリックのご協力をして頂けると嬉しいです!
にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ

br_decobanner_20100216020405.gif
page top
CATEGORY : アート&文化
La danse contemporaine(コンテンポラリー・ダンス)
DATE : 2012-11-06-Tue  Trackback 0  Comment 0

先週、La danse contemporaine(コンテンポラリーダンス)の
現在創作中の作品のお披露目イベントへ行ってきました。

Pas à pas en tête-à-tête avec Thomas Lebrun et Anthony Cazaux

今年は友人に誘われて、La danse contemporaineのイベントに何度か行っているのですが
(昨年までこういう分野は全く知りませんでした。)
毎回、ダンスのタイプやテーマなどが全く異なるので非常に面白いです!

今回は、ホモセクシュアルとエイズをテーマにニューヨークのディスコでのゲイの様子や
出会い、誘惑、関係などをテーマにダンスが創られるという
かなり異色なものでした。

Chorégraphe(振り付け師、舞踊作者)の説明によると、今回の振り付けは
結構セクシャルな動きがあるので・・・との前置きがありましたが、
そこは芸術のなせる技といいますか、まったく違和感なく見れました。

ダンスに合わせる曲は英語の曲とゲイについてのスピーチなどの映像などを
あわせて。

披露の後のディスカッションでは、英語の曲だけに
「翻訳を知りたい!メッセージを明確に知りたい!」という声もありましたが、
作者が答えていたのは、

「僕自身も明確には翻訳などわからないけど、これはダンス。各自それぞれメッセージを感じ取って
欲しい。」

と答えていましたが、
私もそうだと感じました。

芸術ですから、答えなんてなし。

その時、その人が感じたものが全てなんだなあと思うのですね。

今回は創作中ということもあり、写真など撮るのは控えましたが、
例えば下記の写真は数ヶ月前に行われたイベントでのワンシーン。

danse.jpg

カテドラルの回廊で行われたイベントですが、舞台ではなく、こういう場所での
ダンスも非常に良かったです。

こういうイベントに行く毎に身体の動きなどに非常に興味が出て来たので、
来年はたまにやっているスタージュに参加してみようと思います!


↓ぽちっとして頂けると嬉しいです!
クリックして頂けるとランキングに反映されて、更新の励みになります。
にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ

br_decobanner_20100216020405.gif
page top
CATEGORY : アート&文化
フランスのHip-hopはどことなくバレエを感じさせる。
DATE : 2012-10-16-Tue  Trackback 0  Comment 0
先週、Hip-hop のイベントに行ってきました!

hip-hop.jpg

この日は数人のアーティストさんが今後正式に発表するダンスの紹介、という形で行われたので
それぞれの方のショーの時間は10分程度でした。

ヒップ・ホップのダンスなんて、私は今までほとんど見た事がなくかなりストリートパフォーマンスのイメージ
しかなかったのですが、この発表会ではそのイメージを覆すようなものばかりでした。

シューベルトのクラッシック曲をあわせたもの、車椅子を使って(ダンサーの1人は車いす生活の人のようでした。)のダンス、DJと合わせたもの、背景のスクリーンを使ってメッセージを伝えたり、
照明を使ってのダンス、エディット・ピアフの音楽に合わせて・・・と各種工夫を凝らしたものばかり。

そして、やはりフランスだからなのか、その動きの根底にはクラシックバレエの動きが感じられて
非常に感心しました。


これは私が外国人だからこういう風に感じるのかな?と思っていたのですが

発表が終わって、ダンサー達との質疑応答の中では多くの人が

「これはヒップ・ホップなのですか?」

というような質問をする人が多く、やはりフランス人にとっても斬新なようでした。


↓ぽちっとお願いします!
にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へパリ生活情報
page top
Copyright © 2005-2019 フランス・セパポシーブル!. all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。